• シミが気になるなら化粧水の美白成分を比較して選ぶ

    おでこや頬にいつのまにか出来てしまったシミが気になるので、化粧水で改善したいときは美白成分を比較してから、どれを購入するかを決めるようにしてください。
    中にはほとんど美白効果がない商品もあるので、化粧水で失敗したくないなら必ず比較を行うことが大切です。

    化粧水の比較関連情報サイトです。

    美白成分で有名なものにアルブチンがありますが、この成分には、シミのもととなるメラニン色素の合成を阻害する働きがあります。
    アルブチンはメラニン色素の合成に欠かせない、チロシナーゼという酵素に直接作用できるので、メラニン色素の生成を抑制できるといわれています。



    エラグ酸という美白成分にも、チロシナーゼの働きを抑える作用があることがわかっています。ラズベリーなどのベリー系に含まれるエラグ酸には高い抗酸化力があるので、メラニン色素の合成を阻害できるだけでなく、活性酸素を除去して、細胞を生き生きとさせる効果を期待できます。
    レモンなどに含まれるビタミンCも、高い抗酸化力のある成分として知られています。

    しかしそのままでは安定性が悪く、使いにくいので、それを加工したビタミンC誘導体が、多くの美白化粧品に配合されています。
    化粧水を比較するときは、アルブチンやエラグ酸、ビタミンC誘導体などの美白成分が豊富に含まれているかどうかがポイントなので、必ず成分を調べることが大切です。



    他には、プラセンタエキスやトラネキサム酸なども有名な美白成分なので、購入前には成分表示をチェックするのを忘れないようにしましょう。